現地見学会のご案内

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)現地見学会のご案内 発電マン・ベリーズ株式会社 ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)に関しては、 「実際問題はないのか?」 「農業は本当にできるのか?」など等 様々な疑問をお持 […]

お父さんのための ソーラーシェアリング入門講座

ソーラーシェアリングの導入を検討する際にいくつかの課題が出てきます。一般的に大きな課題として挙げられるのが次の3つです。私はこれを「ソーラーシェアリング導入のための3つの壁」と呼んでいます。(1)「農業委員会」の壁(2)「基本設計」の壁(3)「資金調達」の壁です。もともと農地には、農業と関係のない構築物は設置することができないという法律(農地法)があります。太陽光発電も構築物になりますから当然設置が許されていませんでした。それが突然(平成 25 年 4 月)条件付きで設置が認められることになったのです。そしてその許可を地元の農業委員会が判断することになりました。ところが農業委員会のメンバーの多くは導入の是非について判断する技術も基準も持ち合わせていません。

太陽光発電とメンテナンス

いつのまにか太陽光発電はメンテナンスフリーといわれるようになリましたが、実際には故障も起こるし、アフターメンテも必要むしろ故障発見が難しいだけにアフターメンテナンスがより重要です。早期の故障発見こそが大事です。太陽光発電の導入は「設置価格」と「保守管理」の総合で判断したほうが良いと考えます。

中部電力、自社ソーラーを建設

「メガソーラーしみず」約14万平方メートルの敷地を活用して建設された、約840万キロワット時の年間想定発電量を見込む設備容量8メガワットのメガソーラー。「メガソーラーたけとよ」「メガソーラーいいだ」に続く同社3ヶ所目のメガソーラーとなる。

太陽光発電は「いまこそ」儲かる

。高い価格で買い取ってもらえる権利関係を急いで取得したものの、金融機関から融資がつかず着工できないケースがあり、そういう権利を持った業者が売りに出したりしているのです。高い買取価格で始められる権利を買って、今から太陽光発電を始めるのはいいと思います

合併のお知らせ

このたび 株式会社発電マン(代表取締役岩堀良弘)と株式会社静岡ホーエー家電(代表取締役会長岩堀一雄)は合併し、発電マン・ベリーズ株式会社と して発足する運びとなりました。これにより、今後ますます激しくなる市場の変化に対応 […]