お父さんのための ソーラーシェアリング入門講座

ソーラーシェアリングの導入を検討する際にいくつかの課題が出てきます。一般的に大きな課題として挙げられるのが次の3つです。私はこれを「ソーラーシェアリング導入のための3つの壁」と呼んでいます。(1)「農業委員会」の壁(2)「基本設計」の壁(3)「資金調達」の壁です。もともと農地には、農業と関係のない構築物は設置することができないという法律(農地法)があります。太陽光発電も構築物になりますから当然設置が許されていませんでした。それが突然(平成 25 年 4 月)条件付きで設置が認められることになったのです。そしてその許可を地元の農業委員会が判断することになりました。ところが農業委員会のメンバーの多くは導入の是非について判断する技術も基準も持ち合わせていません。

太陽光発電とメンテナンス

いつのまにか太陽光発電はメンテナンスフリーといわれるようになリましたが、実際には故障も起こるし、アフターメンテも必要むしろ故障発見が難しいだけにアフターメンテナンスがより重要です。早期の故障発見こそが大事です。太陽光発電の導入は「設置価格」と「保守管理」の総合で判断したほうが良いと考えます。