最適な農作物

そもそもソーラーと農業は両立するのか

ソーラーシェアリングに最適な作物

植物が育つには太陽の光が十分必要で、それを太陽光パネルで遮ってしまうと言う行為は邪道である、というような考えの方も多いと思います。「植物と光」と言えば学生の頃に理科の実験でやった植物の向光性を思い出す人も多いでしょう。
植物を暗い場所に置き、一部から光をあてておくと植物が光を求めて体をよじらせて光に向かうという例のやつです。

ソーラーシェアリングに最適な作物

この実験の印象が強いせいか、一般に「植物には 100%の光が必要」と思い込んでいる人が大変多い。
しかし、実際には植物はそこまで強い光を求めている種はほとんどなく、ある程度の光は必要だが、光は一定量あれば十分であり、逆にあまり強すぎる光は植物にとってむしろ「害」であるというケースが多いのです。
ではどの程度の光があればいいのか、ということを考えるときの一つの指標が光合成の「飽和点」とい考え方です。

5. 光合成の飽和点とは?

光合成の飽和点とは?

これが光合成の「飽和点」と言われるものです。この飽和点は植物の種類によっても違います。サトウキビやトウモロコシには飽和点がないように見えます。それに対しイネや小麦などは 40~50klx 程度が飽和点になっています。ケヤキやサトウカエデでは 10~20klx で飽和点に達しています。
このように植物は固有の飽和点を持っているので 100%の光が必要なわけではないのです。この性質を利用し植物に不要な太陽光を発電に回し、「作物の生育」と「発電」とで太陽光を分け合う(シェアする)というのがソーラーシェアリングの基本的な考え方です。

つまり畑や田んぼの上部に太陽電池を設置しますが、いわゆるメガソーラーのように一面に敷き詰めるのではなく、ある間隔を置いて設置します。そうすることで一定量の光が下の畑まで届くようにするのです。(一般的には 3~4 割程度の遮光率になるように設置します)

「農地が空いているので太陽光発電で利益をあげよう」ということが主目的ではなく、(それも大きな目的ではありますが)あくまで「農業」と「発電」の両立を目指すのがソーラーシェアリングなのです。

solsgri004
ソーラーシェアリングのメリットとデメリット

ソーラーシェアリングのメリット・デメリット

ソーラーシェアリングのメリット&デメリット ソーラーシェアリングのメリット・デメリットについて解説します。 ■ソーラーシェアリングのメリット まず CO2 の発生しない再生可能エネルギーであるという大局的なメリットは当然 […]
ソーラーシェアリング 導入方法

導入の流れ

施工後の保守管理もお任せください。弊社では創業以来、特に設置後のメンテナンスに力を入れております。お客様のご希望により発電量監視のシステムなど導入いただければ弊社にてモニターリング監視、また異常発生時の駆けつけサービスなどにも対応いたします。また、年に一回農業委員会への報告書類作成のお手伝いもさせていただきます。
ソーラーシェアリング導入の注意点

導入の注意点

ソーラーシェアリング「3つの壁」 ソーラーシェアリングの導入を検討する際にいくつかの課題が出てきます。一般的に大きな課題として挙げられるのが次の3つです。私はこれを「ソーラーシェアリング導入のための3つの壁」と呼んでいま […]
制度・費用について

制度・費用について

■2. 農水省の指針とは? 農水省が発表した文書は各地方農政局長及び都道府県知事などに当てて出されたものでタイトルは次のようなものです。「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取り扱いに […]

最適な農作物

そもそもソーラーと農業は両立するのか 植物が育つには太陽の光が十分必要で、それを太陽光パネルで遮ってしまうと言う行為は邪道である、というような考えの方も多いと思います。「植物と光」と言えば学生の頃に理科の実験でやった植物 […]
発電マンのソーラーシェアリング

発電マンのソラグリ

ソラグリのこだわり ソラグリ(Solar+Agri)とは営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)と呼ばれているもので、いわゆる農地の上に支柱を高くした架台を設置しその上に太陽電池パネルを設置したものです。ただし、弊社があ […]