ソーラーシェアリングのメリット・デメリット

ソーラーシェアリングのメリット&デメリット

ソーラーシェアリングのメリット・デメリットについて解説します。

■ソーラーシェアリングのメリット

まず CO2 の発生しない再生可能エネルギーであるという大局的なメリットは当然のことと
して、それ以外に特に農地で太陽光発電を導入することによって次のようなものが考えら
れます。

1)農業と発電とのハイブリッド型収入により収益の安定化が図られる
2)収入の安定化により兼業でなければ成り立たなかった農業が専業農家へと変身できる。
また収入安定により農業に専念することで、結果より品質の良い作物を作ることができる。

副産物としての【メリット】としては
3)畑の上のパネルの日影により夏場でも作業がしやすくなる
4)安定収入を得ることにより若者が農業に目を向ける

■ソーラーシェアリングのデメリット

反対にデメリットとして

1)規模にもよりますがある程度の投資が必要
2)太陽光発電システムそのもののメンテナンスが必要
3)畑に架台が設置されることにより農作業が若干しにくくなる場合がある
(農機具が入る場合は作業性を考慮した設計をする必要がある)
4)農業委員会への 3 年ごとの更新が必要なので見直しのリスクがある

どんなものにもメリットとデメリットがありますが、当然ソーラーシェアリングにもあり
ます。
しかしデメリットをしっかりと把握したうえでそれをきちんとコントロールしてメリット
を享受するという姿勢が重要だと言えます。

■7 リスクはないのか?

ソーラーシェアリングのメリットとデメリット

リスクはないのか?と聞かれることがあります。当然ですがリスクはあります。人間だれでも生きているだけでリスクがありますし、いつどこで交通事故に遭わないとも限りません。ただ、リスクは恐れるだけでなく、事前に考えられるものがほとんどですから、(もちろん「想定外」もありますが)リスクを十分想定したうえで物事を判断するというのが正しい心構えと言えます。

まずは太陽光発電そのものについてのリスクから。太陽光発電そのもののリスクについては私が以前から主張しているように、人間の作った機械である以上完全というものではありません。
当然それなりの管理が必要ですしメンテナンスが必要です。決してメンテナンスフリーなどではありません。
これについては私が常々お話ししていることですのでここでは省略します。
ここでは特に農地でソーラーをやる際のリスクについて話してみたいと思います。まず、農地における特殊なリスクとして 3 年後の見直しということがあります。
これは前述の項目 3 でお話ししましたように本来農地では設置できないのを期間限定(3 年間)で許可をしているという特殊要因です。

農業を続けていることが条件ですから、万が一何らかの事情により農業が続けられなくなった、もしくは著しく収量が下がったといったような場合、3 年後に更新がされないこともありうるということです。
その場合せっかく投資した設備を最悪の場合は撤去しなければならない、ということです。もちろんしっかりと農業を継続していれば問題なく更新はされるでしょうけれど、リスクとしては考えておく必要があります。
たとえば自分が元気なうちはいいが、もし自分が農業を続けられなくなった場合、誰か頼める人があるか?といった将来的なことまで考慮に入れておくべきでしょう。

あとは自然災害によるリスクというものがあります。たとえば台風や大雨による風水害、あるいは地震などによる災害、もしくは盗難といった人為的な損害も考えられます。これらは住宅などと同様の火災保険や自然災害保険など保険を使ってリスク軽減を行うこ
とも有効です。

ソーラーシェアリングのメリットとデメリット

ソーラーシェアリングのメリット・デメリット

ソーラーシェアリングのメリット&デメリット ソーラーシェアリングのメリット・デメリットについて解説します。 ■ソーラーシェアリングのメリット まず CO2 の発生しない再生可能エネルギーであるという大局的なメリットは当然 […]
ソーラーシェアリング 導入方法

導入の流れ

施工後の保守管理もお任せください。弊社では創業以来、特に設置後のメンテナンスに力を入れております。お客様のご希望により発電量監視のシステムなど導入いただければ弊社にてモニターリング監視、また異常発生時の駆けつけサービスなどにも対応いたします。また、年に一回農業委員会への報告書類作成のお手伝いもさせていただきます。
ソーラーシェアリング導入の注意点

導入の注意点

ソーラーシェアリング「3つの壁」 ソーラーシェアリングの導入を検討する際にいくつかの課題が出てきます。一般的に大きな課題として挙げられるのが次の3つです。私はこれを「ソーラーシェアリング導入のための3つの壁」と呼んでいま […]
制度・費用について

制度・費用について

■2. 農水省の指針とは? 農水省が発表した文書は各地方農政局長及び都道府県知事などに当てて出されたものでタイトルは次のようなものです。「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取り扱いに […]

最適な農作物

そもそもソーラーと農業は両立するのか 植物が育つには太陽の光が十分必要で、それを太陽光パネルで遮ってしまうと言う行為は邪道である、というような考えの方も多いと思います。「植物と光」と言えば学生の頃に理科の実験でやった植物 […]
発電マンのソーラーシェアリング

発電マンのソラグリ

ソラグリのこだわり ソラグリ(Solar+Agri)とは営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)と呼ばれているもので、いわゆる農地の上に支柱を高くした架台を設置しその上に太陽電池パネルを設置したものです。ただし、弊社があ […]